フロント棟
OHMIYA 近江屋
フロント棟の「近江屋」、3軒隣の「茶屋」、路地を入った「鍵屋」は、東海道大津宿でもっとも賑わった場所に建っています。西へ100メートルほどの「札の辻」は、京都へ向かう琵琶湖からの物資と東海道を歩く旅人が合流した場所。道幅も現在と同じで(広い!)、当時に描かれた絵を見ると、それは大そうな賑わい。「大津百町」と言われていたことにもうなづけます。
そんな旧東海道沿いに間口6間という広さを持つのが「近江屋」。もともと呉服屋を営む大旦那の家です。江戸末期の建築のため内部はかなり痛んでいましたが、骨組みだけの状態にしてから補強を入れ、冬でも過ごしやすいように徹底的な断熱を施しています。
1階はフロントと宿泊者専用ラウンジ(飲み物無料)、割烹料理店、2階に3室の客室があります。割烹料理店は2019年4月に開業予定で、それまでは朝食をご提供します。

▪アクセス
・JR大津駅から徒歩7分(600メートル)
・京阪浜大津駅から徒歩6分(500メートル)

▪駐車場
なし
201
201
201
スーペリアツイン
42.1 ㎡ 街道ビュー
床の間のある2間続きの客室。旧東海道を眼下に見下ろし、毎年10月に行われる大津祭では目の前を曳山が通ります。ひとり旅にもおすすめです。
+
▪専有面積 42.5 ㎡
▪ベッドタイプ ハリウッドツイン(ベッド幅120cm×2台)
▪最大宿泊人数 2名
▪家具 フリッツ・ハンセン社「Join」やヤマカワラタン「ローチェア」など
▪浴室 ハーフユニットのバスルーム
▪トイレ 1箇所(シャワートイレ)
▪備品 テレビ、DVDプレーヤー、ミニ冷蔵庫、グラス、ドライヤー、金庫
▪アメニティー シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ、歯ブラシ、カミソリ、タオル、バスタオル、部屋着
201
201
202
スーペリアツイン
35.7 ㎡ 街道ビュー
面積は201より狭いのですが、天井が高く、古材の梁が印象的な客室です。旧東海道を眼下に見下ろし、毎年10月に行われる大津祭では目の前を曳山が通ります。
ひとり旅にもおすすめです。
+
▪専有面積 41.6 ㎡
▪ベッドタイプ ハリウッドツイン(ベッド幅120cm×2台)
▪最大宿泊人数 2名
▪家具 カール・ハンセン&サン社「CH22」や「エルボーチェア」など
▪浴室 ハーフユニットのバスルーム
▪トイレ 1箇所(シャワートイレ)
▪備品 テレビ、DVDプレーヤー、ミニ冷蔵庫、グラス、ドライヤー
▪アメニティー シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ、歯ブラシ、カミソリ、タオル、バスタオル、部屋着
201
201
203
スーペリアツイン
32.3 ㎡ 路地ビュー
旧東海道沿いの反対側で静かな路地を見下ろす客室です。天井が高く古材の梁が印象的です。ひとり旅にもおすすめです。
+
▪専有面積 32.0 ㎡
▪ベッドタイプ ハリウッドツイン(ベッド幅120cm×2台)
▪最大宿泊人数 2名
▪家具 カール・ハンセン社&サン社「CH88T」など
▪浴室 ハーフユニットのバスルーム
▪トイレ 1箇所(シャワートイレ)
▪備品 テレビ、DVDプレーヤー、ミニ冷蔵庫、グラス、ドライヤー
▪アメニティー シャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ、歯ブラシ、カミソリ、タオル、バスタオル、部屋着